loading

多焦点眼内レンズは最先端の白内障治療です。大宮七里眼科

多焦点眼内レンズで、いきいきとした暮らしを再び。

今まで普通に見えなかった値札 メガネやルーペを使って見てた資料 ぼやけてた自分の顔

多焦点眼内レンズ

白内障手術には単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズによる手術があります。

単焦点眼内レンズは、単に白内障を治すには十分な機能を持っていますが、多焦点眼内レンズはさらに付加価値である「さまざまな距離にピントが合いやすい」という優れた機能を持ち合わせた画期的な眼内レンズです。

単焦点眼内レンズによる手術のあとは、必ずなんらかのメガネが必要となります。その理由はメガネをかけないと焦点の合わない距離があるからです。

それに対して、多焦点眼内レンズによる白内障手術のあとは、ほとんどの人がメガネが不要となります。もともとメガネをいつもかけていないといけなかったような重度の近視などの人でも、多焦点眼内レンズによる手術のあとはメガネが要らなくなる可能性があります。つまりそのようなひとでは、その人自身の若い頃の見え方よりも、高齢になって多焦点眼内レンズによる手術を受けたあとのほうが優れた視力となる場合があるのです。

言い換えると、多焦点眼内レンズでは若返り以上の効果が得られることがあるのです。

最先端の白内障治療多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズは、いままでにない画期的な眼内レンズです。 多焦点眼内レンズの重要なポイントは、ただ単にメガネが要らなくなるレンズではないということです。常に複数の距離の情報を得ることにより、質の高い視覚情報をより多く得ることができます。

多焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズ

白内障手術の歴史の中で長いあいだ、一定の距離にしか合っていない「単焦点眼内レンズ」が使われてきました。 単焦点眼内レンズを使用した白内障手術のあとは、焦点の合っていない距離に合わせるためにメガネが必要でした。しかし近年開発された「多焦点眼内レンズ」では、広い範囲の距離にピントが合っています。 したがって多焦点眼内レンズではメガネが必要となる場面がほとんどなくなりました。多焦点眼内レンズでは、さまざまな場面で焦点の合いやすい視力となり、豊かな生活を営むことができます。

多焦点眼内レンズのQ&A

日本ではまだ白内障手術の際に多焦点眼内レンズを使用できる医療施設はごく限られています。しかし多焦点眼内レンズによる白内障手術は、その安全性と治療効果によって先進医療の対象となっており、今後は多くの人がこの医療技術を受けやすいように普及を目指していく傾向にあります。

多焦点眼内レンズがうけられる病院

実際には多焦点眼内レンズによる白内障手術はどの病院で受ければいいのでしょうか? 統計によれば、多焦点眼内レンズによる白内障手術はすべての白内障手術の1%前後に過ぎません。 そのため、多焦点眼内レンズによる手術を行ったことがある眼科でも、症例数にすると数例しか行っていない眼科がほとんどです。 多焦点眼内レンズによる手術は高度な技術なので、たくさんの経験を持つ眼科で手術を受けることをおすすめします。

白内障とは

白内障は眼の中にある水晶体が濁ってしまう状態のことで 「ものがかすんで見える」などの症状があらわれる眼の病気です。 多くの方にとって「白内障」や「老眼」は年齢を重ねるとともに症状があらわれはじめます。 一方、老眼は水晶体の弾力性が問題であると考えられています。 私たちが遠くのものも近くのものも見ることができるのは、水晶体には弾力性があって 周囲の筋肉や毛様体の力によって厚くなったり薄くなったりと柔軟に変化させることができているためです。

大宮七里眼科について

大切な眼に最高の医療を。

大宮七里眼科は「すべての人の視力向上」を目指し、病気の人も、そうでない健康な人も、お年寄りも若い人も、視力低下に悩むすべての患者さんひとりひとりに、目の状況や年齢にあわせたオーダーメイド治療を行っています。

最新情報